おせち講習の詳細

今日から10月!おせち講習の受付開始です。
既に何名かお申し込みをいただいております。
迷っている方は早いもの勝ちではないので、よくご家族の方と相談の上ゆっくり決めてもらって大丈夫です(*^_^*)
そんな迷っている方、初めての方は何をするのか、何を作るのかわからないと思うので、
ちょっと詳しく書いてみたいと思います。
 
まず、何を作るのかということですが、だいたい例年35種類前後作っています。
今年は内容は少し変わるかもしれませんが、品数が大きく変化することはありません。

  
【29日】
まず基本は30日、31日が本当の講習なのですが、おせちって結構下ごしらえが多くって、2日ほど漬け込むとか、長時間煮るものとかが多いので30日からだと間に合わないものは29日から作業を開始しています。
その作業も見たい、触りたい、という声もあったので、29日は自由参加として午後からお願いしています。
<主な作業>
・器具類の洗浄、準備
・大量の出汁を引く
・数の子の漬け込み
・〆鯖の仕込み
・野菜の洗浄
・ごまめの乾煎り
・八幡巻き、若鶏の照り煮の巻き巻き作業
                などなど。
 
IMG_2904

IMG_1092

IMG_1098

IMG_1096

 
【30日】
朝から集合して、資料配布、簡単な流れを説明した後、いよいよ本格的な作業スタート。
通常レッスンとは違い、1つ1つ説明して全部を触ってもらうということは難しいので、分担してどんどん作業を進めていってもらいます。
でも前にこれやったから、今年はあれをやりたい!というリクエストは遠慮なくどんどんして下さいね。
ほぼ30日で全て仕上げてしまいます。
ハードですが、みんなでわいわい作るので楽しいです!
 
IMG_2906

IMG_2907

P1000914
 
お昼はまかないのカレー。
休憩タイムは生徒さんからの差し入れをいただきます(*^_^*)
疲れた体に甘いものが染みます。ありがたや~。
P1000924

 
【31日】
あっという間に最終日!朝から集合です。
この日の午前中の主な作業は、田作りやだし巻きなどの一部調理の仕上げと、前日に仕上げた料理達の切り分け作業。
こんなにたくさんの料理が出来上がりました!

IMG_1105
ちなみにこの写真は、去年5セット分くらい作ったものなので量が少ないです。
例年この倍以上の量になります。
重詰めの大仕事の前に、まずは腹ごしらえってことで、2日目はカレーうどん(笑)
みんなでいただきます。
P1000928
そしていよいよ楽しい重詰め!
愛情込めて作った料理を1つ1つお重に詰めていく作業は感慨深いです。
でも温かくするとお料理が痛むので、暖房を切って極寒の中での作業となります(笑)
P1000931
皆さん完成写真をパチリ。
P1000933
 
下の写真は去年個人的に作ったおせちなのでお重もバラバラですが、毎年こんな感じです↓↓↓
P1010724

IMG_2952

946965_555830484511293_1922204715_n
 
1つ1つのお料理の意味を書いたお品書きを付けて、可愛く包んで完成!!
IMG_2915

IMG_2939
 

だいたい終了は午後2~3時くらいでしょうか。
後片付けをして、お茶をして終了です。
大切にお重を抱えて皆さん帰宅の途につかれます。
 
ざーっと駆け足で説明しましたが、毎年だいたいこんな感じです。
おせち作りはもともと1人で作るものではなく、家族、親戚、ご近所で協力し合って作り上げるものですが、近年核家族化によりそれもままならなくなってきました。
私達は家族ではないですが、1つのおせちを協力し、作り上げることはできますよね(*^_^*)
かまぼこ以外はほぼ全て手作りの、冷凍なし、完全無添加の安心安全なおせちです。
販売のみも受け付けておりますので、こちらもぜひご検討下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事